試合の感想

自分達が戦える相手と感じるとプレーに自信を持つが、少しでも強そうと感じるといつものプレーが出来ず、焦りボールを失くてしまう。サッカーは試合するものであり、戦う事が大事である。戦う事から逃げる選手は、決して上手くならない。それは、我々スタッフも選手全員に伝えるが、結局プレーするのは我々スタッフではなく、選手一人一人である。その志を日頃のトレーニングでもっと意識して、練習にも望まなければならない。
日頃のトレーニングは仲間でありライバルである。もっとお互いで削り合いながら、レベルアップして行ってほしい。今ポゼッションをしても、高学年、中学生になれば必ず我々も必要とするが、今大事なのはドリブルであり、個人技術、ボールを奪われない為にドリブルにこだわりを持ちながらトレーニングを行う。今試合に負けても6年生では、必ず勝つ。今はドリブルを極め、一人一人の武器にする事であるはと思う。リフティングも一つである。出来ないからやらないのでなく、やらないから出来ない。必死にやっている選手は必ず最後は自分に返ってくる。

蓮池